キャンパス・アメニティ

HOME > キャンパス・アメニティ > 2019年度の記事

2018年度の記事

”共育活動”を学生と一緒に~KIT講師・渡辺秀治さん~

2019年3月30日

  3月30日の出演は、金沢工業大学講師の渡辺秀治さんです。昨年KITに着任した渡辺さんは岩手県宮古市の出身。8年前に東日本大震災が起きた時は大学院生で山形にいましたが大きな揺れを感じたと言います。「山側にある実家は津波などの被害はありませんでしたが、連絡が取れるまで2、3日はかかりました」と当時を思い起こします。「故郷も通った大学も東北ですから、気候風土が似ている北陸は親しみを感じます。お酒もおしいですし」と2年目に入る石川暮らしを楽しみにしています。

PMC運営室の職員は3月いっぱいで退きます~ロイ・キヨタさんこと清田良一さん~

2019年3月23日

 3月23日の出演は、金沢工業大学職員の清田良一さんです。清田さんはこの3月いっぱいで工大職員を退職します。PMCポピュラー・ミュージック・コレクション運営室で寄贈レコードと向き合ってきた歳月は「間違いなく私の人生の欠かせない時間になりました」と感慨もひとしおです。ロイ・キヨタとして出演するFM-N1の番組は続け、この4月からは新番組「野鳥が好き歌が好き」(土曜9時~9時30分)も始まります。海外暮らしが長く、帰国子女の草分け的な存在である清田さんが大好きな曲と共に振り返る「わが半生」をぜひお聴きください。

畑違いのプロ・アナウンサーに~金沢工大OBの端野幸治さん~

2019年3月16日

 3月16日の出演は、金沢工業大学OB(1998年土木工学科卒業)の端野幸治(はたの・こうじ)さんです。端野さんは卒業後、地元・金沢の土木設計会社に4年間勤めた後、東京のアナウンサー養成学校に入学し、プロの道へ。東京で活躍していましたが、両親が体調を崩したこともあって帰郷し、アナウンサーやナレーターを派遣する会社を興しました。自らも第一戦に立ち“プレイング・マネージャー”として活躍する端野さんに、これまでかかわった仕事、現在の活動、工大時代のエピソードなどをお聴きしました。

染色体ってカワイイ!面白い!~KIT染色体解析プロジェクト~

2019年3月9日

 3月9日は、金沢工業大学染色体解析プロジェクトから4人の学生が出演します。前身のプロジェクトから発展して現在のプロジェクト名になったのは昨年の11月。現在12人の学生が活動していて、パソコン・ソフトを使ってヒト細胞からの染色体の標本づくりなどに努めています。新学期になると、「髪の毛からお酒が飲める体質なのかどうか解析する実験などを行って新入生を勧誘します。多くの人に染色体の不思議、面白さをPRしたいです」とリーダーの依田さんをはじめ、張り切っています。

IEEEの国際学会で研究発表賞~金沢工業大学大学院2年・久島康嘉さん~~

2019年3月2日

 3月2日の出演は、金沢工業大学大学院博士後期課程2年の久島康嘉さんです。久島さんはミュンヘンで開かれたIEEEの国際会議で研究発表賞を受賞。また、昨年末までリサーチ・インターンシップで4か月間、タイに留学しました。研究テーマは電気刺激によるリハビリ支援システムで、研究を志したのは恩師の河合宏之教授との出会いが大きかったと言います。また、出身地・福井県の高校で陸上競技に励み、県1位になったこともある久島さん。「障害のある方がスムーズに運動できるようにさらに研究開発に取り組みたいです」と語ります。

製品PR動画コンテストで最高賞~KIT電子情報通信工学科の4人チーム~

2019年2月23日

 2月23日の出演は、金沢工業大学電子情報通信工学科2年生4人です。この4人のチームは、学内で開催された「建材メーカー・三協立山のPR動画コンテスト」で最高賞に輝きました。リーダーの山嵜一樹さんはKIT・WAVEプロジェクトの副リーダーでもあり、「日頃、ラジオで鍛えられた企画力や表現力が十二分に生かされました」と喜びます。作品は同社の公式ユーチューブで公開されています。制作の苦労話、エピソードなどを聴きました。

のっティのIot化を推進~金沢工大BusStopプロジェクトの3人が出演~

2019年2月16日

 2月16日は、金沢工業大学バスストップ・プロジェクトから3人の学生が出演します。産学協同・地域連携プロジェクトとして、野々市市のコミュニティ・バス「のっティ」のIot化などに取り組むバスストップ・プロジェクト。2年前は数人のメンバーでしたが、「今は38人に増えました」と地道な活動と勧誘が実を結んだことを喜ぶ前リーダーの平櫻瞭太郎さんです。4月から大手通信企業に努める平櫻さんに今後の夢を、新しいリーダーを託された田坂さん、1年生の加藤さんにこれからの抱負などを聴きました。

白山・山里の伝統芸能「でくのまい」にぜひ~KIT職員で人形浄瑠璃保存会の山口久仁さん

2019年2月9日

 2月9日の出演は、金沢工業大学キャリア支援室職員の山口久仁さんです。ちょうど今の時期、2月9日土曜・10日日曜、16日土曜・17日日曜の4日間、白山市の旧尾口村で江戸時代から続く古浄瑠璃「でくのまい」が上演されます。この地区に生まれ育った山口さんは東二口文弥人形浄瑠璃保存会の会員で、今、その準備や舞台出演などで大忙しです。この古典芸能にはKITの学友会が協力しています。「高齢化や人口減少が進む地域ですから、若い工大生の参加は大助かりです」と山口さん。350年の歴史を刻むでくのまいのことはもちろん、キャリア支援室のふだんの仕事などについてお聴きしました。

 

オリジナル文具「おしゃべりふせん」を商品化~KIT建築学科2年の宮川将幸さん~~

2019年2月2日

 2月2日の出演は、オリジナル文具「おしゃべりふせん」を商品開発した金沢工業大学建築学科2年の宮川将幸(みやがわ・まさゆき)さんです。KITでは産学連携プロジェクトとして金沢市内の印刷会社・山越と協働し、アイデア文房具の開発に取り組んでいます。学生ステーションで学内インターンシップをしている宮川さんは学内コンペでの募集を知り、応募したところ企画が採用され、企業のデザイナーと打ち合わせを重ね、商品化されました。その取り組みや苦労した点、また、ふだんのキャンパス・ライフなどをお聴きしました。

SDGsの理解と普及に頑張っています~KIT Global Youth Innovators~

2019年1月26日

 1月26日の出演は、金沢工業大学のプロジェクト「SDGs Global Youth Innovators」から、代表の島田高行さん、副代表の亀田樹さん、そして、FM-N1で隔週番組「SDGs Global Future」を制作している狩谷晋治さんです。国連が定めた持続可能な目標であるSDGsをテーマに活動するプロジェクトや制作番組の内容をはじめ、日ごろのプロジェクト活動、今後の目標などをお聴きしました。