キャンパス・アメニティ

HOME > キャンパス・アメニティ > 国際学会で演武を披露し喝采~KIT正伝長尾流躰術部から3人が出演~

国際学会で演武を披露し喝采~KIT正伝長尾流躰術部から3人が出演~

2018年12月31日

金沢工業大学 正伝長尾流躰術部
吉岡 颯志(よしおか・そうし)さん=主将=、池邉 紀彦(いけべ・のりひこ)さん=副主将=、佐野 幸洋(さの・ゆきひろ)さん

 12月29日は、金沢工業大学正伝長尾流躰術部から、吉岡主将をはじめ3人の学生が出演します。加賀藩ゆかりの古武道を日本で唯一伝承する正伝長尾流躰術部ですが、今年はCDIO世界大会をはじめ、金沢市内で開催された二つの国際学会で演武を披露し、吉岡主将が英語で長尾流躰術の歴史や技について説明しました。「会場では外国人の感嘆の声が聞こえてきて、日本古来の古武道への関心の高さが伝わってきました。これからの修行の励みになりました」と話す吉岡主将です。

選曲

ミス・パラレルワールド「相対性理論」、Aqua Timez「決意の朝に」、東京事変「能動的三分間」、サカナクション「新宝島」