キャンパス・アメニティ

HOME > キャンパス・アメニティ > 白山・山里の伝統芸能「でくのまい」にぜひ~KIT職員で人形浄瑠璃保存会の山口久仁さん

白山・山里の伝統芸能「でくのまい」にぜひ~KIT職員で人形浄瑠璃保存会の山口久仁さん

2019年2月9日

金沢工業大学 キャリア支援室職員
東二口文弥人形浄瑠璃保存会
                    山口 久仁さん

 2月9日の出演は、金沢工業大学キャリア支援室職員の山口久仁さんです。ちょうど今の時期、2月9日土曜・10日日曜、16日土曜・17日日曜の4日間、白山市の旧尾口村で江戸時代から続く古浄瑠璃「でくのまい」が上演されます。この地区に生まれ育った山口さんは東二口文弥人形浄瑠璃保存会の会員で、今、その準備や舞台出演などで大忙しです。この古典芸能にはKITの学友会が協力しています。「高齢化や人口減少が進む地域ですから、若い工大生の参加は大助かりです」と山口さん。350年の歴史を刻むでくのまいのことはもちろん、キャリア支援室のふだんの仕事などについてお聴きしました。

 

選曲

星野源「アイデア」「SUN」、SMAP「世界に一つだけの花」「どんないいこと」