会社概要

ABOUT FM-N1

受信エリア

受信エリア

アクセスマップ

 

住所 〒921-8512 石川県野々市市高橋町24番2号
TEL・FAX TEL 076-248-1212 FAX 076-248-8181

第128回FM-N1番組審議会概要

開催日 平成31年2月19日(火)正午
開催場所 野々市市高橋町24-2 FM-N1会議室
出席委員(定数5) 沢村昭子、ルイス・バークスデール、西村信夫、越柴一良、坂井和代
議題
  1. 番組に対する意見交換 番組名「ええじゃないか平成、昭和~いつも時代は新時代~」(平成31年1月1日火曜午前10時~11時30分放送)
意見概要

議題1 番組に対する意見交換

  1. 番組に対する意見交換 番組名「ええじゃないか平成、昭和~いつも時代は新時代~」
  • 正月番組らしい楽しい番組だった。昔よく耳にした平成や昭和の歌を懐かしく聴いた。ただ、1時間半番組を30分に短縮したものを聴いたためか、流れる音楽が昭和と平成とでごちゃまぜになっている気がした。時代を分けるとか、ダンス音楽やグループの歌い手などのジャンル別にまとめた方が良かったと思う。
  • 古い年代の一人として今回流れた曲のほとんど知っていた。半面、若い人たちにわかるのかどうか気になったが、そんな中でFM-N1にこのほど設置されたジューク・ボックスのことを紹介していた。今ではほとんどみかけなくなった機械だが、こうした機械が流行していた時代があったことを若い世代に伝えなければならないと感じた。
  • 若い時分からラジオをよく聴いてきた。その歴史から思うことは、ラジオと音楽の関わりが昔と今とでは大きく変わったことだ。昔は番組へのリクエストがリスナーとラジオ局の太い絆になっていたが、現在はパソコンやスマートフォン、ユーチューブなど音楽に接する方法が多様化し、番組がリクエストによって進んでいくことが少なくなった。そうした中で、今流行している曲やこれから注目される曲を知ることができる媒体がラジオであることは今後も変わらないと思う。もちろん音楽をただ流すのではなく、番組制作者の思いやポリシーが大事だと思う。
  • 今回の試聴番組は1月1日元日の午前10時から放送された。白山比咩神社などに初詣に行かれるリスナーに合わせて制作したのだろうと推察した。私もジューク・ボックスの話を興味深く聴いた。音楽を聴いてみんなで踊るジューク・ボックスに取って代わったのがカラオケ・ボックス。普通なら「カラオケ・ルーム」なのでしょうが、ボックスの名を受け継いだという話が面白かった。
  • 二人のパーソナリティの話が上手だった。嫌みのない、話のペースもちょうどよく、言葉が聴き取りやすかった。この二人のトークで番組のバランスがよく取れていた。
  • 番組のテーマは昭和、平成に流行した曲を振り返るということ。二つの時代を合わせると100年近い年月がある中で、流行した曲をまとめるのは1時間30分の番組では難しい。先ほどのご指摘の通り、音楽を聴く放送が多様化している折、今回のようなラジオによる音楽番組は、時代の節目としても意義のあることだと思う。

会社概要

名称 株式会社えふえむ・エヌ・ワン
本社・演奏所 石川県野々市市高橋町24番2号
送信所 石川県野々市市扇が丘7-1
金沢工業大学内ライブラリーセンター屋上
周波数 76.3MHz
空中線電力 20W
呼出符号 JOZZ5AA-FM
放送エリア 野々市市、金沢市、白山市の一部
(ただし、地形・受信状態によってエリア内でも受信できない場合があります)
会社設立日 平成7年11月7日
開局日 平成7年12月27日
予備免許日 平成7年11月1日
本免許日 平成7年12月27日
資本金 7000万円
事業内容 ・放送事業
・番組製作 ・販売
・出版物発行 ・販売
・文化事業の企画製作、興行
株主 金沢工業大学、野々市市、ほか2社 5個人
主な受賞歴
  • 2004(平成16)年
    ギャラクシーラジオ選奨(PMC団塊の応援歌〜想い出の音楽とともに〜)、JCBAベスト・ステーション賞
  • 2005(平成17)年
    ギャラクシーラジオ選奨(ストア!オールディーズ)、JCBAベスト・ステーション賞
  • 2006(平成18)年
    放送文化基金賞ラジオ部門優秀賞(1949年のボレロ〜金沢アメリカ文化センター小史・占領と交流の日々〜総集編)、北陸電波協力会長賞

放送料金について