キャンパス・アメニティ

HOME > キャンパス・アメニティ

コンクリート刑事と呼ばれて~KIT田中泰司准教授~

2018年12月8日

金沢工業大学 基礎実技教育課程
准教授・博士(工学)      田中 泰司(たなか・やすし)さん

 12月8日の出演は、金沢工業大学基礎実技教育課程准教授の田中泰司さんです。高岡市出身の田中さんは、母校の東京大学生産技術研究所を経て今春、KITに着任しました。専門はコンクリート工学で、東日本大震災のあと、津波による橋梁被害を調査しました。走行距離は1万キロを超え、足で現場をくまなく調べ歩いたことから「コンクリート刑事(でか)」と呼ばれたそうです。趣味では、「新潟清酒達人検定2級」にこのほど合格。コンクートと日本酒といった硬軟合わせた話題などをお聴きします。

選曲

ジミ・ヘンドリックス「パープル・ヘイズ」、レッド・ツェッペリン「コミュニケーション・ブレイクダウン」、Perfume「チョコレイト・ディスコ」、VAN HALEN「JUMP」

12月23日日曜に第30回定演~KIT吹奏楽部の3人がPR~

2018年12月3日

金沢工業大学 吹奏楽部
中川 朋美(なかがわ・ともみ)さん・今田 将瑚(いまだ・しょうご)さん、
宮澤 美幸(みやざわ・みゆき)さん

 12月1日の出演は、金沢工業大学吹奏楽部の3人の工大2年生です。吹奏楽部の第30回定期演奏会が年末23日日曜日に野々市市文化会館フォルテで上演されます。「今年は30回の節目ということで吹奏楽部のOB、OGをお招きして、現役生と合同演奏します。ぜひ多くの方々に来ていただきたいです。入場無料ですから」と3人は呼びかけます。

選曲

KIT吹奏楽部演奏「プッチーニ作曲・歌劇トゥーランドットより」、大野雄二「ルパン三世のテーマ」、クイーン「アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラブ・ユー」、竹内まりあ「すてきなホリディ」

英語イマージョン・キャンプで英語に親しむ~KIT4年・日向直之さん、2年・山本敏之さん~

2018年11月26日

機械工学科4年・日向 直之(ひゅうが・なおゆき)さん
ロボティクス学科2年・山本 敏之(やまもと・としゆき)さん

 11月24日の出演は、金沢工業大学ELIC(英語イマージョンキャンプ)サマー2018に参加した工大生2人です。ELICとはイングリッシュ・ランゲージ・イマージョン・キャンプの略。学生と英語教師が合宿していわば「英語漬けになる」企画で、2013年から藤井清美教授らの指導で毎年、夏と冬の2回開催されています。日向さんは3回目、山本さんは2回目の参加で「毎回、いろんな新しい趣向があり、楽しみながら英語が身に着きます。学年や学部の異なった工大生とも知り合え、次回もまたぜひ参加したいです」と口をそろえる二人です。

選曲

BUMP OF CHICKEN「望遠のマーチ」、Kobasoro(コバソロ) & 未来(ミライ from ザ・フーパーズ) 「 シュガーソングとビターステップ」、ポール・マッカートニー「アイ・ドント・ノウ」、アヴリル・ラヴィーン「ヘッド・アバーヴ・ウォーター」

全日本飛行ロボコンで優勝~国際高専伊藤研究室「卒研チーム希望」~

2018年11月17日

国際高専 伊藤研究室卒研チーム「希望」(全員機械工学科5年生)
リーダー・馳 陽大(はせ・あきひろ)さん、菊田 有昭(きくた・なおあき)さん、小西 歩(こにし・あゆむ)さん、又村 峰裕(またむら・みねひろ)さん

 11月17日の出演は、国際高専の5年生4人です。この4人の学生は伊藤研究室に所属し、卒研チーム「希望」として、去る9月に東京で開催された第14回全日本飛行ロボットコンテスト・マルチコプター部門に出場し、優勝を果たしました。2位の早稲田大学を500点近く離しての快勝に思えましたが、「実は持ち込んだバッテリーの電圧が大会規定と異なっていました。成績は二の次に参加するだけでいい」と大会に臨みました。その無欲さが優勝を生んだとも言え、そのほかの勝因や当日のエピソードなどを聴きました。

 

選曲

FUNKY MONKEY BABYS「ちっぽけな勇気」、テイラー・スウィフト「I Knew You Were Trouble」、湘南乃風「一期一会」、BTS「IDOL」

12月1日の全国ヤーコン・サミットin野々市を共催~KITヤーコンプロジェクト~

2018年11月10日

金沢工業大学 ヤーコンプロジェクト
3年・北原 佳奈(きたはら・かな)さん 2年・伊井 奏乃(いい・かなの)さん 1年・山田 美晴(やまだ・みはる)さん

 11月10日は、金沢工業大学ヤーコンプロジェクトから3人の学生が出演します。野々市市で12月1日に「第13回全国ヤーコンサミット・イン・野々市」が開催されます。ヤーコン・プロジェクトはこのイベントに共催団体として参加しています。サミットの内容をはじめ、野々市市が特産物化を目指すヤーコンの普及や啓蒙に取り組むこのプロジェクトに、どうして加わったのかなどをお聞きします。

選曲

関ジャニ∞「大阪レイニーブルース」、あいみょん「マリーゴールド」、Uver world「ナノ・セカンド」、関ジャニ∞「無限大」

電気学会の札幌で地震に遭遇、その生々しい体験を語る~KIT泉井良夫教授~

2018年11月3日

金沢工業大学工学部 電気電子工学科 
教授・工学博士  泉井 良夫(いずい・よしお)さん

 11月3日の出演は、金沢工業大学工学部電気電子工学科の泉井良夫教授です。泉井教授は三菱電機の出身で、専門は電力システムやスマートグリッドなど。偶然、9月上旬に札幌で開催された電気学会に出席していた折に北海道胆振東部地震が起き、わが国で初めてのブラックアウト(全域停電)に遭遇しました。専門分野でのリアルタイムの体験を生々しく語るほか、白山麓キャンパスで取り組んでいる地域密着型エネルギー・マネジメント・システムなど、最新のホットな話題が満載です。

選曲

ローリング・ストーンズ「サティスファクション」、西城秀樹「ヤング・マン」、SMAP「世界に一つだけの花」、美空ひばり「川の流れのように」

世界大会で5位に~KIT出村研究室happy Robotチーム~

2018年10月29日

金沢工業大学ロボティクス学科 出村研究室happy Robotチーム
リーダー・湯田 晴也さん 榎本 光洋さん 岡野 昭伍さん

 10月27日は、金沢工業大学ロボティクス学科出村研究室happy Robotチームから3人の学生が出演します。このチームは、去る6月に開催された「RoboCupモントリオール大会」で5位に入賞しました。当初は夢考房チームと合同で出場する予定でしたが、急きょ出村研究室3人の単独チームになり、参加チームの中で最も少ない人数でした。「大会中もいろんなトラブルがあり、その解決など勉強になることが多かったです」と振り返る3人です。

選曲

BUMP OF CHICKEN「宇宙飛行士への手紙」、ELLEGARDEN「Space Sonic」、RADWIMPS「会心の一撃」、クイーン「ドント・ストップ・ミー・ナウ」

KIT防災・減災プロジェクトの3人が出演

2018年10月20日

金沢工業大学 防災・減災プロジェクトSoRA
リーダー・牧添 弘都(まきぞえ・ひろと)さん 濱辺 圭介(はまべ・けいすけ)さん 秋間 貫汰(あきま・かんた)さん

 10月20日の出演は、金沢工業大学防災・減災プロジェクトSoRA(ソラ)の工大生3人です。SoRAとは「スチューデンツ・オープン・レジスタンツ&アドミンストレーション」の頭文字から取り、工大生と住民が協力して地域の防災、減災に取り組むプロジェクトです。メンバーが野々市市内の町内会で夜回り活動に参加したり、小学校を順番に訪れて防災教室を開くなど、地域に貢献しています。「野々市市から予算がつき、メンバー全員が防災士取得を目指しています」と、リーダーの牧添さんは積極的な取り組みなどを話します。

選曲

中島愛「サタデー・ナイト・クエスチョン」、UNISON SQUARE GARDEN「シャンデリア・ワルツ」、米津玄師「Lemon」、Mrs.GREEN APPLE

10月20日・21日の工大祭にお越しください~工大祭実行委の3人が出演~

2018年10月13日

金沢工業大学 工大祭実行委員会 
3年・谷口 孔雅(たにぐち・こうが)さん 2年・林 円花(はやし・まどか)さん
1年・滝 僚太(たき・りょうた)さん

 

 工大祭が10月20(土)・21(日)の両日開催されます。13日はその工大祭実行委員会から3人の学生が出演します。今年の工大祭のテーマはGEAR。英語の「歯車」ですが、「グレート、エンジョイ、あたらしい、リメンバーの頭文字を当ててスローガンを考えました」とPR担当の谷口孔雅さん。「昨年は台風のため最終日の午前中で中止になりました。最後までできなかったので、実行委員のみんながモヤモヤ感を持っていました。天気の影響はもちろんありますが、今年は最後までやりきりたいです」と張り切っています。

選曲

Alexandros「ワタリドリ」、星野源「地獄でなぜ悪い」、uVERworld「在るべき形」、BUMP OF CHICKEN「HAPPY」

10月20、21日に高専祭~実行委員3人が出演してPR~

2018年10月6日

国際高等専門学校 高専祭実行委員会 
5年・酒井 瑛史(さかい・えいじ)さん 3年・山下 泰平(やました・たいへい)さん 2年・大野 優介(おおの・ゆうすけ)さん

 国際高専になってからの初めての高専祭が10月20(土)・21(日)の両日開催されます。その高専祭実行委員会から3人の学生が出演します。「今年は工大祭と同じ日程なので、一体感がある半面、来場者の流れや人の動きを予測できない面もあります」と言う3人です。「自分には最後の高専祭です。白山キャンパスの1年生も参加して、新しい国際高専の高専祭を盛り上げたい」と抱負を話すのは5年生の酒井瑛史さんです。

選曲

ハンバート・ハンバート「永遠の夕日」、ROTH BART BARON「ホームカミング」、おいしくるメロンパン「nazka(ナスカ)」、A(c)「music」