スタッフブログ

HOMEスタッフブログPMCで見つけたPMCで見つけた〈38〉ドリス・デイの「センチメンタル・ジャーニー」

PMCで見つけた〈38〉ドリス・デイの「センチメンタル・ジャーニー」

2019年2月15日

欧州戦線から帰国する米兵さんたちが口ずさんだのだろう

 

スタンダード・ナンバーとしても有名すぎるドリス・デイの「センチメンタル・ジャーニー」を今更、PMCで見つけてこなくても、という声が聞こえてきそうな選曲である。この曲は1944年(昭和19)に制作され、翌年に発売されてミリオンセラーになったもので、ドリス・デイの出世作になりました。当時は、レス・ブラウン楽団の専属歌手であり、翌年にソロとなりました。

 

PMCで見つけてきたのは、ドリス・デイが出したシングル盤を集めた2枚組アルバム「ドリス・デイ・リザーヴド~ラヴ・サムボディー」です。ポピュラー・ソングのシングル盤というのは将に消耗品の運命です。擦り切れるほど聴けば、いずれ捨てられる運命が待っています。金沢工大のPMCというのは、時代に埋もれてしまうポピュラー・ソングのレコードを集めているからこそ貴重な存在なのです。工科系でありながら、録音というハード技術にとどまらずソフトにも目を向けた、ということです。

 

この「センチメンタル・ジャーニー」は当時の演奏スタイルを残しています。演奏時間38秒のうち、レス・ブラウン楽団の演奏が半分近く続き、後半にやっと、デイの歌声が聴けます。当時のビッグ・バンドのスタイルです。フランク・シナトラの場合でも、若手歌手の頃にはトミー・ドーシー楽団の専属歌手をし、次第に頭角を現してきました。もどかしさを感じることもありますが…

 

後に再録音された歌唱中心の曲の趣とは違い、題名の通りに感傷的な気分になります。発売当時は第二次大戦の欧州戦線では闘いが終了して、多くの米兵が帰国の途に就いていたころです。センチメンタル・ジャーニーを口ずさんでいたのでしょう。ミリオンセラーもむべなるかな、です。日本の兵隊さんたちは何を口ずさんで海外から帰国してきたのだろうか、と不図思いました。(宮崎正倫)

 

KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。