スタッフブログ

HOMEスタッフブログPMCで見つけたPMCで見つけた〈39〉フランキー・アヴァロンの「ヴィーナス」

PMCで見つけた〈39〉フランキー・アヴァロンの「ヴィーナス」

2019年2月19日

プレスリー不在の時間、心の隙間を埋めたヒット曲

 

フランキー・アヴァロンの「ヴィーナス」は、1959年(昭和34)にリリース、初めて全米1位になった曲です。彼女の魅力を語り、二人が生きている限り僕の総ての愛を捧げよう。君は女神だ、という甘いポップスです。PMCには「フランキー・アヴァロン・グレーテスト」という2枚組のアルバムがありました。その中には、やはり同年に全米1位となった「ホワイ」など全23曲が収められていました。

 

アルバムのライナー・ノーツには、エルヴィス・プレスリーが1958年にアメリカ陸軍に入隊後、ティーン・アイドルとしての地位を確保し、人気を集めた様子が書かれています。言葉は悪いですが何か、不在のプレスリーの空き巣狙いのような感じを与えますが徴兵期間の2年間、ポップス・ファンの心の隙間を埋め、夢中にさせることは誰にでも出来るものではありません。やはり選ばれたスターだったのでしょう。

 

アヴァロンの初ヒット(全米7位)となったのが1957年の「ディ・ディ・ダイナ」であったことを思えば、プレスリーの入隊前から人気が上昇していたことが見て取れます。翌年には「ジンジャー・ブレッド」(同9位)もあり、「ヴィーナス」「ホワイ」に続いていくのです。1959年には「ジャスト・アスク・ユアー・ハート」「ボビー・ソックス・トゥ・ストッキングズ」「ア・ボーイ・ウィズアウト・ア・ガール」がそれぞれ7810位が並んでいるので、ベスト105曲という具合です。

 

プレスリーは19603月に除隊して、歌の世界に復帰してきます。次第にアヴァロンの任期は下降していきますが、3年間以上もトップ・スターとして活躍したことを思えば十分と言えるのではないでしょうか。アヴァロンはこの後、「パイナップル・プリンセス」のヒットで知られるアネット・ファニセロと映画「ビキニ・ビーチ」など60年代のビーチ・ムービーで共演し、俳優の道へ入って行きました。(宮崎正倫)

 

KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。