スタッフブログ

HOMEスタッフブログ

PMCで見つけた〈23〉ノエル・ハリソンの「風のささやき」

2018年12月14日

映画「華麗なる賭け」のアカデミー賞主題歌賞を獲得

 

前回1211日のPMCで見つけた〈22〉はスティーヴ・ローレンスの「くたばれアカデミー賞」を紹介しましたが、今回は反対に、アカデミー賞との縁が深いノエル・ハリソンの「風のささやき」です。ハリソンはイギリスの歌手、俳優で、この曲は1968年(昭和43)の映画「華麗なる賭け」の主題歌として、ローレンスには申し訳ないのですが、アカデミー賞主題歌賞を受賞しています。

 

スティーヴ・マックィーンとフェイ・ダナウェイが主演しています。映画の中のマックィーンは、表の顔は金持ちの紳士ですが、裏に回れば銀行強盗に情熱と才能を傾ける汚れ役を演じています。ダナウェイは保険会社の調査員で、マックィーンを追いかけていますが映画の常で、マックィーンと恋に落ちてしまいます。最後は逮捕寸前までいきますが裏をかかれて、マックィーンは南米に逃げてしまう、というストーリーです。

 

ノエル・ハリソンの父はやはり、イギリスの有名な俳優のレックス・ハリソンです。1964年(昭和39)の映画「マイ・フェア・レディ」の中で主役のイライザ(オードリー・ヘプバーン)に言葉遣いを教えるヒギンズ教授役でアカデミー主演男優賞を受けています。ダナウェイも1976年(昭和51)の映画「ネットワーク」で主演女優賞を獲得しています。なかなかに達者な経歴の持ち主が集まった映画が「華麗なる賭け」と言えます。

 

そこで、われらがマックィーンと言うと、ちょっと信じられませんが、アカデミー賞の受賞歴はありません。一番近かったのは前年の1967年(昭和42)の映画「砲艦サンパウロ」の水兵役で、主演男優賞にノミネートされるまでいきました。時の運も味方しなければ受賞はできないのかもしれません。しかし、私にとってマックィーンとダナウェイといえば1974(昭和49)の映画「タワーリング・インフェルノ」でしょうか。消防隊長のオハラハン役と、もう一方の主役ポール・ニューマンの妻役で出演していました。いつまでも記憶に残る作品です。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

 

PMCで見つけた〈22〉スティーヴ・ローレンスの「くたばれアカデミー賞」

2018年12月11日

一発屋の印象が吹き飛ばされたエンターテイナー夫婦

 

スティーヴ・ローレンスと聞けば「悲しき足音(原題:FOOTSTEPS)」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。この歌は、別れを告げに来た彼女が玄関から去って行く足音が僕を泣かせる、という内容です。そして甘い歌声だが、他の曲は余り知らない。オールディーズの邦題に「悲しき」と付けば一発屋的な印象を持たれることになる。斯く言う私もその一人でした。

 

ところが、PMCのデータ検索では43件が該当して意外な思いをしました。借りてきたアルバムのタイトルが「くたばれアカデミー賞」で、ジャケットにはオスカー像(左手を横に突き出した偽物)を手にしたローレンスが満面の笑みをたたえて立っている。つまり、アカデミー賞を逃がした名曲の中から12曲を選んで歌っているのである。一発屋どころか

フランク・シナトラ、アンディー・ウィリアムス、トニー・ベネットなどに比肩する歌いっぷりなのである。

 

曲名を紹介すると「あなたはしっかり私のもの」「チェンジ・パートナーズ」「ラブ・レター」「帰ってくれて嬉しいよ(有名な誤訳タイトル)」「ロング・アゴー」「誰も奪えぬこの思い」「4月の想い出」「頬寄せて」「愚かなりわが心」「ハウ・アバウト・ユー」「ザット・オールド・フィーリング」「チャタヌガ・チュー・チュー」である。この中でも、甘い歌声が活かされた「頬寄せて」がお気に入りになりました。

 

もう一つ分かったことがあります。夫人は「恋はボサノバ」で有名なイーディ・ゴーメだったことです。ちなみに、ゴーメの方も同曲以外は耳にする機会が少なく、こちらも一発屋という印象を覆されました。アメリカでもおしどり夫婦として名高いそうです。歌の上手い二人のデュエットは初めて聴きましたが絶品、と言ってもいいでしょう。PMCの宝庫には、まだまだ私の知らない名曲の数々が眠っていることでしょう。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

FM-N1フィールド1にて

2018年12月8日

本日12月8日(土)、午前中はFM-N1のフィールド1が賑やかでした~(#^^#)

野々市市民カウンセラーの会「ほわっと」さんが研修会を開いたんですね。

今回は『超高齢化社会を生き抜く知恵』をテーマに

金沢工業大学心理研究所 臨床心理士 松本かおり先生が講演されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

野々市市は自治体で長寿全国5位なんですって!!!

知らなかった・・・

みなさん、真剣に聞き入ってます。

10:00~12:00までの短い時間でしたが、有意義な研修会だったよう。

定期的に開かれてるみたいなので、野々市市民の方は参加してみるのもいいと思います。

(場所は毎回変わるみたいですけど)

 

 

 

ここFM-N1では、リスナーとともに日本一のコミュニティ放送局を目指そうを合言葉にしています。

今回のような催しも、ご相談次第で場所をお貸しすることができます。

近くを通られましたら、ぜひ覗いてみてください~

なんかやってるかも!

(なかにしみき)

 

PMCで見つけた〈21〉ナット・キング・コールの「オー・タンネンバウム」

2018年12月7日

初めての曲と思ったらドイツ語で「もみの木」だった

 

FM-N1の長寿番組に「ブロークン・タイムマシン」がある。開始から20年が過ぎ、来春にはまた一つ年輪を刻むことになる。担当パーソナリティはロイ・キヨタさんで、昔は音楽業界の周辺の住人だったこともあり、音楽を伝える姿はまさに水を得た魚のようで、見ているだけで音楽が好きになってしまう。オールディーズを中心としたリクエスト番組だけに、レコード・ライブラリーのPMCとも親和性が高いと言える。

 

番組は、顔見知りではないものの、多くのリクエスターさん達がそれぞれ得意分野の曲を紹介し合いながら、一つのコミュニティを造り上げているようである。季節ごとにテーマを選びながら、選曲に知恵を傾ける姿も透けて見える。さる2日にはクリスマス特集もあった。歌手の顔ぶれがディーン・マーティン、アン・マレー、アンディ・ウィリアムス、ナナ・ムスクーリー、ナット・キング・コール、ビング・クロスビ-という錚々(そうそう)たるもの。

 

中でもナット・キング・コールの「オー・タンネンバウム(O Tannenbaum)」は初めて聞く曲名だった。ドイツ語らしいが、歌い出されると分かった。お馴染みの「もみの木」である。ちなみにPMCのデータ検索をしてみたが「タンネンバウム」では引っ掛からなかった。キヨタさんは「タンネンバウム」は日本語表記で、英語では「タネンバウム」だと言う。しかし、ナット・キング・コールの歌声を聴くと「タンネン」に聴こえるから、どちらが正しいとも言えない。

 

PMCのレコードを眺めていると、クリスマス・ソングというと大物と言われる歌手がやたらに目に付く。キヨタさんは「クリスマス・ソングはよく売れるんですよ。だからレコード会社はシーズンが来ると毎年のように新しい盤を作る」からと秘密を教えてくれた。しかし最近、アメリカでは「メリー・クリスマス」は禁句だという。多人種、宗教の問題らしい。神様同士が仲の良い日本では、「メリー・クリスマス」と快哉しよう。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

 

おっ!ヤーコンジャム~♪

2018年12月6日

12月1日(土)第13回全国ヤーコンサミット in  野々市  が開かれました。

FM-N1スタッフも数名参加。(私はお留守番)

なかなか盛況だった模様。

皆さん、ヤーコンってご存知ですか~?

私は名前は聞いていたし、ヤーコン茶っていうのも知ってた(飲んだことはないけど)んですが、実際に見たことはなかったんですね・・・

 

ほんとに体にいいそうです。

野々市市はヤーコンが特産品なんです。

 

 

で、サミットでは基調講演で FOOD研究科の菊地代緒恵さんが最強のスーパーフードでナチュラルエイジング&アンチエイジングという題目でお話されたそう。

そ・し・て・試食会もあったんですね(^^)

サミットに行けなかった私ですが、ヤーコンジャムを買ってきてもらえました。

早速お昼ご飯で、いただきま~す(^^♪

そんなに甘くなくておいしい!!

色もいいですね。石川県立翠星高等学校食品科学研究会のみなさんが作ったんです。すごいな~

金沢工業大学でもヤーコンプロジェクトとして取り組んでいますよっ

 

 

 

このサミット、毎年開催してるそうなので、気になる方は是非参加してみてくださいね~

↓ 野々市市のホームページでもヤーコンのことが出てますのでチェックしてみてください~ 

https://www.city.nonoichi.lg.jp/index.html

(なかにしみき)

PMCで見つけた〈20〉ザ・スリー・ディグリーズの「荒野のならず者」

2018年12月4日

荒野を「あらの」と読む大学院生の清々しさ

 

先週の番組「KIT PMCレコード・ボックス」の中で、ザ・スリー・ディグリーズのアルバム「スリー・ディグリーズ」が紹介されていた。「ソウル・トレインのテーマ」から始まり12曲が収められている。大ヒット曲の「天使のささやき」「荒野のならず者」のほか、日本で限定発売されて日本語で歌っている「にがい涙」などお得感のする一枚です。

 

この番組は金沢工業大学の学生がPMCで制作し、FM-N1で放送している1時間枠のものです。月曜から~金曜までの午前5時~、午後3時~、深夜3時~の3回放送のほか土曜、日曜でも再放送をしています。学生の知らない時代の音楽を紹介するため、初々しい解説が楽しい、と視聴者の方からも応援する声が多く寄せられています。この回の担当者は建築科の大学院生でした。

 

収録した番組はPMCスタッフのチェックを受けますが、その中で「荒野のならず者」の曲紹介を最初は「あらのの・ならず者」としていたようです。早速訂正したのですが、どうして、このような間違いが起きたのか理由を聞いたそうです。返ってきた答えは想像の域を超えたものでした。「讃美歌では『荒野』を『あらの』と歌うんです」。

 

そうか、讃美歌が日本に入って来た頃、「こうや」という読み方はなく「あらの」というのが普通の日本語だったんだ、と思い知りました。「荒野のならず者」の原題は「Dirty Ol’ Man」というのですが、Dirtyとは正反対の清々しい気持にさせられました。私は「PMCで見つけた」のブログと並行して、野々市市の国史跡・末松廃寺のブログも書いていましたが題名は「石塊(いしくれ)の荒野(あらの)睨む白鳳の塔」としていましたが、何かホッとさせられました。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

 

PMCで見つけた〈19〉ディーン・マーティンの「ロバート・E・リーを待っている」

2018年11月30日

甘さ控えめ、ラグタイムに乗って軽快な歌声

 

ディーン・マーティンと言えば、酒に酔ったような甘い歌声で魅了する歌手だと思っていたが「ロバート・E・リーを待って」は少し趣を異にしていた。PMCで見つけたのは「SWINGIN’ DOWN YONDER」というアルバムだった。収録12曲は1920年代のヒット・ソングばかりらしいが、ディック・ステイビルのディキシー・キャッツの演奏で、1955年(昭和30)の録音である。

 

ディキシーランド・ジャズとは、ミシシッピー川の河口の町ニューオリンズで、南北戦争の後に放棄された軍楽隊の楽器が黒人たちの手に渡り、演奏が始められたジャズの原型である。バンジョーの音とコルネットやトロンボーン、バス、クラリネットが特徴的だ。が、バンドスタイルの演奏はあっても、バンド演奏で歌うスタイルは余り聞いたことがない。それだけ、このアルバムは新鮮な気分にさせてくれる。

 

「ロバート・E・リー」とはミシシッピー川を運行する船名だが、外輪船だったのだろう。曲の所々に汽笛を思わせる演奏が入ってくる。低音のバスが、聴く者を腹の底から揺さぶるような金管のラグタイムがなんとも心地よい。この船には誰が乗ってくるのだろう。川の堤まで、心を弾ませて出迎えるほどの人に違いないのだろう。

 

レコード収録をしたのはマーティンが38歳の時で、コメディ映画で大うけしたジェリー・ルイスとの“底抜けコンビ”を解消する2年前のことである。ソロ活動をするようになってからはジャズ歌手として、そしてポップスも歌いこなした。仲の良かったフランク・シナトラとは違って、肩の力を抜いて楽しそうに歌うジャズだった。テレビで見るしか方法がなかった頃だが、拝聴させていただく、という感じのアンディー・ウィリアムスより好きだった。

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

 

PMCで見つけた〈18〉ダニー・デイビスとナッシュビル・ブラスの「マウンテン・デュー」

2018年11月27日

アパラチア山脈に住み着いた移民の密造酒

 

演奏の出だしは軽快なバンジョーから始まり、コルネットが加わる。てウッド・ベースがリズムを刻む中、スキャットがつないでトロンボーンがメロディーを奏でる。220秒ほどの曲だがカントリーらしい心地よさが後に残ります。PMCで探しても15曲ほどしか見当たらないナッシュビル・ブラスの演奏です。

 

デューは「dew」は「露」の意味ですが、「マウンテン・デュー」は密造酒の事だそうです。何か甘い炭酸飲料を想像してしまいましたが、全然違っていました。この曲はアメリカ・アパラチア山脈に伝わる古いフォークソングを基にしています。地図を眺めると、東海岸と中央部の大平原を分けるのが同山脈です。歴史的にはイギリスからの移民が西部の土地を目指して進んだのがアパラチア越えの道です。

 

馬車に乗り、あるいは徒歩の家族連れが越えるには険しい道程でした。西部の新天地を諦めて、山間で定住する人達もいました。この後、ニューヨークのハドソン川から五大湖につながるエリー運河が完成して、西部に向かうには水運を利用してシカゴに向かうのが幹線となりました。その先は「ルート66」が西海岸まで伸びます。

 

つまり、アパラチア山脈越えは裏街道となり、定住した人達は大躍動するアメリカの歴史から取り残された格好になり、反対にイギリスの古い文化、伝統を残していくことになったのです。密造酒と聞けば、利益を目的とした行為と思いがちですが、山奥に築かれたコミュニティで供された地酒なのでした。マウンテン・デューを飲むとき、人々は新天地に辿り着けなかった悔やみの苦い酒になったのか、はたまた、この地を桃源郷と思い定めて酔いしれたのか、私には分かりません。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

 

ブログ BIG APPLE in フォルテ

2018年11月26日

11月25日(日)は野々市市文化会館フォルテで BIG APPLE in nonoichi 2018 が行われました!

残念ながら当日は行けなかったんですが、前日Workshopが行われ、見学無料だったので、仕事が終わってから行ってみました。

ロビーでは売店も出ていて、いい匂いにつられて、カレーを注文。

横のソファで食べていると、なんと粟市長が同じカレーを注文して食べていました。

(写真撮らせてくださいとは言えず、画像はありません、残念・・・)

 

 

 

 

 

レコードジャケットも展示されていて、ワクワクしますね。

 

大ホールに入ると、大学生が受講中でした。

テナーサックス奏者のレイモンド・マクモーリンさんがアドバイスしていて、全部英語!!! むむっ・・・

大丈夫、ちゃんと通訳がいました~

即興でソロも演奏してくださり、ものすっごい得しましたね。

 

 

 

 

次は野々市明倫高校吹奏楽部の皆さん。

人数が多かったので、レイモンドさんは楽器は演奏せず、アドバイスのみ。

でも最初よりは全然演奏もよくなって、絶対にいい体験だったと思います。

 

 

 

 

小ホールでは、ピアノ、ギター、ドラムなどのワークショップで、すでに満席となっていたんですね、残念。

25日の演奏は、聴いた人によると、すごくわかりやすい構成で、ジャズをあまり知らない人でも聴きやすかったそうです。

 

毎年野々市市で開催しているので、来年はチケット買おうかな~

 

まだ行ったことのない方は、まず見学無料のほうから行ってみるのがいいかもしれませんね~

 

 

 

(なかにしみき)

 

PMCで見つけた〈17〉ザ・シュレルズの「ベイビー・イッツ・ユー」

2018年11月23日

これでは「シューパーマン」になってしまう

ザ・ビートルズの初期の楽曲が好きだ。それは、彼らがライヴ演奏でアメリカのR&Bやロックンロールをカバーしていたものだ。だから次第にアメリカのロックンロールが体に染みついてしまった。ビートルズがイギリスで最初に発売したアルバム「プリーズ・プリーズ・ミー」の中には14曲中に6曲が含まれている。その中の1曲に「ベイビー・イッツ・ユー」がある。

オリジナルはアメリカのガールズ・グループのザ・シュレルズ(The Shirells)である。この曲は彼女らの代表曲でもある。が、ここでグループ名の綴りをみてほしい。普通にカタカナ読みをすれば「シレルズ」になってしまう。PMCのデータを検索すれば「シュレルズ」で9件、「シレルズ」で6件が該当した。これは日本発売に当たってレコード会社がジャケットやライナー・ノーツに書いているので、公式な読み方になるのでしょう。が両方とも正解であれば戸惑ってしまう。英語らしさを感覚的に捉えて「シュ」としたのだろうか。

同じことが、「愛はどこへ行ったの」「ベイビー・ラブ」で有名なグループのザ・シュープリームス(The Supremes)にも言える。素直には「シュープリームス」とは読めないのである。英語に近い発音では「スプリームズ」なのである。語尾も「ス」ではなく「ズ」である。FM-N1では原則カタカナで紹介する、としているので、難しい選択になる。

そこへ、番組パーソナリティのロイ・キヨタさんがひと言。「それでは空を飛ぶ人はシューパーマン」になってしまう」。アメリカの活劇ヒーロー「スーパーマン(Superman)」のことである。形にとらわれない融通無碍(ゆうずうむげ)が日本人の特徴であるならば、ここは、私も日本人らしく問題を先送りにしてしまおうか。(宮崎正倫)

 ◇KIT・PMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、24万5千枚を所蔵している。