スタッフブログ

HOMEスタッフブログ2019年度の記事

2018年度の記事

PMCで見つけた〈30〉ジェリー・ウォレスの「マンダム~男の世界」

2019年1月18日

男の世界が一転、女の世界も取り込む先見の明

 

「お洒落」という言葉とは無縁の世界で過ごし、古希に辿り着こうとしている。一度だけ整髪料に手を出したことがある。高校生になり、丸刈りから長髪に変わった頃であるが、面倒くさくて直ぐに止めた。資生堂の「MG5」というブランドだったと思う。しばらく後に、アメリカの俳優であるチャールズ・ブロンソンをCMに起用した「マンダム」が売り出された。製品よりもブロンソンによって強烈な衝撃を与えられた。

 

CM曲はジェリー・ウォレスが歌う「マンダム~男の世界(原題・Lovers Of The World)」だった。この曲は日本だけのヒット曲であり、ましてや歌手には興味がなかった。最近になって、ウォレスがカントリー歌手であることを知った。PMCで検索してみると、「男の世界」のシングル盤の他に2枚のLP盤が見つかった。2分足らずの曲だが「サムシング・スペシャル」などはいい感じだった。

 

FM-N1が開局した後の2000年前後だったろうか、ある番組で「マンダム」を取り上げていた。およそ30年ぶりに聴いたもので、懐かしさに浸っていると、やらかしてくれました。パーソナリティの一人が「ン(運)」を手放してしまったのか、「マダム」と曲紹介をしてしまいました。相方が「それじゃ女の世界になってしまうよ」と突っ込みを入れていた。国防における流行り言葉で言えば「cross domain(多次元横断)」である。

 

Webで調べると、「mandom(マンダム)」とは元々「Man Domain(男の領域)」という意味だったらしいが昭和55年(1984)、女性化粧品事業へも参入するため、マンダムの意味を「Human & Freedom」に変更していたらしい。化粧品会社に先見の明があったお陰で、パーソナリティの言い間違いの傷も少しは和らいでいるかもしれない。(宮崎正倫)

 

KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

PMCで見つけた〈29〉ザ・デイヴ・クラーク・ファイブの「グラッド・オール・オーバー」

2019年1月15日

昔のブリティッシュ・ロックが聴けてラッキー!

 

私の少年時代、ラジオで聞いていたヒット・チャートはアメリカのチャートだったはずだが、ザ・ビートルズ、ザ・ハーマンズ・ハーミッツなどをはじめとしたイギリスのロックバンドが多かった。当時は不思議にも思わなかったが、それがブリティッシュ・インヴェイジョン(イギリスの侵略)と呼ばれる動きで、アメリカの音楽業界を席巻していた現象だった。

 

その中にザ・デイヴ・クラーク・ファイブもいた。何でもかんでも「リヴァプール・サウンズ」だと思い込んでいたが、彼らは出身地のロンドン下町の名前から「トトゥナム・サウンズ」と呼ばれていたことを、PMCから借りてきたアルバム「デイヴ・クラーク・ファイブ」のライナー・ノーツで初めて知った。

 

彼らの代表曲である「ビコーズ」ぐらいしか確かな記憶がなかったが、アルバムの良いところは、当時あまり注目されなかった楽曲も聞けるところにある。1曲目の「グラッド・オール・オーバー(原題:Glad All Over Again)」もそうで、これも大ヒット曲だと知った。ドラムとギターの特徴的な編成だがシャウトするような歌い方がリズムに乗り、いかにも1960年代半ばのイギリス、という雰囲気十分である。

 

原題では曲名の最後に「Again」が付いているところから「やり直せてラッキー!」と軽く訳せばよいのだろうか。アメリカのトランプ大統領の場合は同じAgainでも「Make America Great Again」だから、「軽く」という訳にはいかないのだろうが、これまで社会の光が当たっていなかった支持者の方は案外と「Glad All Over Again」と軽いノリで、「光が当たってラッキー!」と思っているのかもしれない。(宮崎正倫)

 

KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

PMCで見つけた〈28〉ザ・キングストン・トリオの「スコッチ・アンド・ソーダー」

2019年1月11日

最初のハイ・ボールは昼間に飲んだ覚えがある

 

キングストン・トリオが1958年(昭和33)のデビュー・アルバムに収録された1曲です。スコッチ・アンド・ソーダとはハイ・ボールのことだそうです。私がハイ・ボールを最初に飲んだのは学生時代のことである。金沢・香林坊の一角にあったビルの地下にあった老舗の喫茶店だった。まだ日中、陽が高かったことを覚えている。

 

一つ年上の同級生と一緒で、お付き合いだったが、細長いグラスに細かい泡が立つ琥珀色の飲み物が運ばれてきた。味は覚えていないが、酒という感覚は無かった。店員も学生であろうことは身なりから分かっていた、と思うが、何も問われなかった。大学がまだ、金沢城跡の中にあり、学生が幅を利かせていた町であった。居酒屋風のパブが登場するのは1年後ぐらいだったろうか。

 

歌の中にはスコッチ・アンド・ソーダのほか、ドライ・マティニー、ジンが出てくる。すっかり酔って気持ちよくなった男が、女性を口説いている、という内容である。それを思えば最初のハイ・ボールは酔うことが目的ではなく、大人へと登る梯子の一段目に足を掛けたかったのかもしれない。

 

それから56年後、社会人になって、近くの酒場で飲んだくれるようになっていた。カウンターに陣取り、小説の中のジェームズ・ボンド気取りで、オリーブを浮かべたドライ・マティニーのカクテル・グラスを口に運んでいた。作ってくれたのは同期の大学7年生のアルバイト店員だった。アルコール依存症の自覚はあった。(宮崎正倫)

 

KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

PMCで見つけた〈27〉レス・ポール&メリー・フォードの「モッキンバード・ヒル」

2019年1月8日

モッキンバードの高いさえずりに似合う歌声

 

今年も新年を迎え、早くも1週間が過ぎました。平成の過ぎた事どもより、来る新時代に身を任せてみたい。揺籃期の激動はあるかもしれないが、その先にある安寧を願いたい。そんな新年に聴きたくなる曲が「世界は日の出を待っている」です。ベニー・グッドマン楽団の演奏が秀逸ですが、好きなのはレス・ポール&メリー・フォードのバージョンです。PMCに「ヒッツ・オブ・レス・ポール&メリー・フォード」のアルバムを借りてきました。いつもながら切れの良いギターの響きです。

 

同じアルバムに「モッキンバード・ヒル」の曲も収められていました。こちらも様々なアーチストにカバーされていますがパティ・ペイジの歌唱が有名です。モッキンバードとはツグミの一種で「真似しツグミ」だそうです。歌詞は四行詩で、行の終りはhill(丘)、windowsill(窓敷居)、trill(ビブラート)、hill(丘)と「-l l」の脚韻を踏んでいます。コーラスの「トゥララ、トゥイーリリー、ディー、ディー」はモッキンバードの鳴き声を模したものです。

 

ウェブサイトにあった実際の鳴き声を聞いてみました。やや高い声のさえずりでした。どちらかと言うと、パティ・ペイジのハスキーな低音よりメリー・フォードの高い声質の方が、雰囲気があると思わせてくれます。モッキンバードが高いさえずりで丘全体を震わせているような朝の風景。新時代の安寧を歌っているようにも聴こえてきます。野鳥観察は趣味ではありませんが一度、その姿を見てみたいと思わせます。

 

ツグミは冬になると、大陸の寒さを避けて日本に渡ってきます。禁鳥で捕獲してはいけないことになっていますが、飲み屋さんでは出回っています。ツグミとは名乗れないので「シベリアスズメ」という変名を使います。が、地元でツグミと言えば、やはり陸上自衛隊の歌姫・鶫(つぐみ)真衣さん(金沢出身)でしょうか。ソプラノがモッキンバード・ヒルの歌に合う気がします。鶫さんがFM-N1のスタジオに来てくれてから、暫く日が経っています。

 

KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

12月27日にFM-N1開局23周年記念特番~平成とFM-N1~

2018年12月26日

12月27日(木)

一部・午前1015分~、二部・午後1時~、三部・午後4時~

FM-N1開局23周年特番「平成とFM-N1」 嶋健太郎、熊谷香里、中村圭佑、中島望、KIT WAVEプロジェクト

 野々市市高橋町のメーンスタジオ「サミット」と金沢工大学園・白山麓キャンパス内にあるFM-N16スタジオ「シラヤマ」を結んで、三部構成、合計4時間を超える生放送です。FM-N1は平成7年に北陸で初めて開局したコミュニティ放送局で、23年の間、地域のリスナーと共に喜怒哀楽を共有し、一緒に歩んできました。一方、この間、音楽の楽しみ方、接し方も大きく、様々に変化してきました。平成が終わりを告げ、新しい時代を迎える今、ラジオが照らす未来は?、そして、果たす役割は? FM-N1でラジオ番組を制作しているWAVE プロジェクトの学生も総勢18名が参加し、FM-N1スタッフと一緒に番組を盛り上げます。

FM-N1 年始特番もご紹介!

2018年12月25日

1月1日(火)~1月3日(木)

9時~10

「黄金の喉は歌い継ぐ~FM-N1ゴールデン・スロート特別編 蓄音機に魅せられて―PMCの所蔵レコード盤を聴く」熊谷香里・中村圭佑

(再放送 各日の夜11時~、再々放送 6日(土)朝7時~、8時~、7日(日)朝7時~)

8時からの黄金の喉は歌い継ぐ~通常放送とは別に、PMCの所蔵レコード盤を回して

カントリー・ミュージック、ドゥ・ワップ、ロカビリーにロックンロールと日替わりで特集します。

正月休みはドーナツ盤とエレキでブレイクしましょ!

 

1月1日(火)

午前10時~1130

「ええじゃないか平成、昭和~いつも時代は新時代~」嶋健太郎・谷口悦子

平成から新しい元号へとかわろうとしています。平成と昭和、JPOPと歌謡曲。

二つの時代に多くの名曲が生まれました。懐かしさの中に新しさも発見してください。

 

午前1130分~午後1

「BIG APPLE in NONOICHI 2018」橋本伸行

(再放送 13日(木)1030分~)

野々市市恒例のジャズイベント「BIG APPLE in NONOICHI 2018」が1125日に開催されました。

ニューヨークからの一流ジャズミュージシャン、ビッグバンドに女性アカペラユニットと名演の数々を。

第24回を数えたコンサートの模様をお送りします。

 

 

1月2日(水)

10時~正午

「iMA音楽アリーナ特別編」中島嘉昭

アシタを先取りするiMA音楽。2019年もどんな作品と出会えるのでしょう。

とその前に、2018年のBEST TRACKを選出して邦楽編、洋楽編を紹介します。

ゲストに「ヤスの音楽探検ラジオ」パーソナリティの岸野泰洋さんを迎えてお送りします。

 

1月3日(木)

午前10時~1030

「美空ひばりとスタンダード」谷口悦子

昭和の歌謡界を代表する歌姫、美空ひばりが歌うジャズスタンダードの数々。

平成元年に52歳という若さで旅立った彼女の歌声は

新しい時代が到来しても決して色あせることのない輝きを放つことでしょう。

 

午後1時~午後230

「新春クラシック」梅岡和也

おめでたい新春も優雅なクラシックでお過ごしください。

モーツァルトのピアノ協奏曲やホルン協奏曲をお送りします。

年末年始もあなたとラジオ。FM-N1の多彩な特別番組でお楽しみください。(は)

FM-N1 年末特番をご紹介!

年末年始は通常の番組編成と異なり、特別番組を含む特別プログラムでお送りします。

まずは年末特番から。

 

12月27日(木) 

11時~12時 

FM-N1年末特番「握ったら離さない~唄い納め2018」中村圭佑

(再放送は28日(金)午後130分~、30日(日)朝7時~)

マイクを握ったらもう離さない♪カラオケ好きのアナタへ送る1時間。

今年2018年の話題曲、人気曲を中心にお届けします。

 

12月28日(金)

9時~10

「年の瀬クラシック」梅岡和也

(再放送は28日(金)夜11時~、30日(日)朝8時~)

年の瀬といえばクラシック。オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の演奏を特集します。

 

午前1015分~正午

「FMN1めいど寄席~歌丸と可朝の競演~」嶋健太郎

今年亡くなった名人達の競演です。

ミスター笑点・桂歌丸とギター漫談でも知られる落語家・月亭可朝の貴重な落語や音楽などを交えてお送りします。

 

12月31日(月)大晦日

9時~10

「ありがとう井上堯之」嶋健太郎、熊谷香里

(再放送は31日(月)午後5時~)

ザ・スパイダース、PYG、井上堯之バンドなどなど、今年5月に他界した名ギタリスト・井上堯之を特集します。

FM-N1のスタジオで録音した曲もあり、局にとっても縁の深いアーティスト。ありがとうの想いを込めて。

 

午前10時~正午

「大晦日クラシック」梅岡和也

大晦日といえば第九でしょう!ベートーベンの第九を中心に

オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)の演奏でお届けします。

年始特番へと続きます。(は)

PMCで見つけた〈26〉ザ・シャンティーズ、ザ・サーファリーズの「エレキ・ギター・ヒッツ」

ザ・ベンチャーズがカバーしたオリジナルはこちら

 

 これぞ青春の一ページ、といった匂いを振りまくようなアルバムをPMCで見つけた。「エレキ・ギター・ヒッツ」というタイトル名が、たちまちの内に、遠く過ぎ去った時代を蘇らせてくれる。演奏しているのはA面がザ・シャンティーズと、B面がザ・サーファリーズの2組である。いずれも、アメリカのカリフォルニア州出身で、5人編成のサーフ・ロック・バンドである。

 

ザ・シャンティーズは、あの「テケテケテケ」という擬音語で有名な「パイプライン」など7曲。ザ・サーファリーズは、波乗り中にサーフ・ボードから落ちた、という意味からとったグループ名だが、「ワイプ・アウト」など7曲を収録している。と、ここまで言うと「何だ、ザ・ベェンチャーズのコピー・バンドか」といった声が返って来そうだが実は、こちらの方がオリジナル曲なのである。

 

つまり、ベンチャーズの方がコピーをした、ということなのだ。しかし、聴き比べてみると音楽的な完成度からみると「月とスッポン」。ベンチャーズの演奏力、アレンジ力の高さを思い知らされる結果となるだけで、ヒットさせたのもうなずける。オリジナル曲は素人っぽく聴こえるため、アルバム名の「エレキ・ギター・ヒッツ」の通りにヒットしたかどうかは定かではない。

 

反対に、日本のグループ・サウンド時代、猫も杓子もエレキを抱えていた人達からすれば一安心できる効用があるのかもしれない。年末ということもあり、我が家の整理をしていたところ、高校時代のクラスメートの写真が出てきた。この中に文化祭で、ザ・ビートルズのコピー・バンドを結成して演奏していた友達がいたはずだ。ドラマーはこれ、ヴォーカルはこれ、ギターはこちら。さて、後一人は誰だったかなぁ~。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

PMCで見つけた〈25〉ディー・ディー・シャープの「マッシュ・ポテト・タイム」

2018年12月21日

あぁ、ややこしい、踊り方と料理の名前

 

ディー・ディー・シャープは1945年、アメリカのフィラデルフィア生まれの女性歌手で、16歳の時に「マッシュ・ポテト・タイム(原題:It’s Mashed Potato Time)」をヒットさせている。実はこのマッシュ・ポテトが曲者で、初めて聴いた頃は何が何だかよくわからなかった。聴いたのはコニー・フランシスの「ヴァケーション」をカヴァーした弘田三枝子の日本語の歌だった。

 

「マッシュ・ポテトをみずべで あの人と踊ろう」と言われても、何故ポテトサラダが水辺に出て来るんだ、という感じだった。命名の由来は、踊りの振りがジャガイモを潰す動きに似ていたからで、ツイストとは少し違っていたらしいが、何しろ当時はツイスト全盛期。ヒット・ソングはダンス・ビートから生まれる時代だったので、踊りの方はツイストの亜流にされてしまった。そんな事情を知ったのは、かなり後になってからである。あぁ、ややこしい。

 

踊りの名前で誤解していたものに「ロコ・モーション」もある。こちらは蒸気機関車の動輪が回るような仕草から来ている。全く分からなかったものがもう一つ。ジャズのスタンダード・ナンバー「ビギン・ザ・ビギン」である。始まりの始まり、ではなく原題が「Begin The Beguine」でビギン違い。Beguineは西インド諸島で生まれたダンス音楽で、ビギンの踊りを始めよう、である。あぁ、ややこしい。

 

ディー・ディー・シャープの名前を知ったのはFM-N1の音楽ファイルの中に1曲だけ「マッシュ・ポテト・タイム」があったのを見つけ、これは食べ物の方か、踊りの方か好奇心が湧いたからである。PMCで検索するとアルバムが2枚だけあった。そして「マッシュ・ポテト・タイム」を聴くと、また似ているのである。何に? ザ・マーベレッツの大ヒット曲「プリーズ・ミスター・ポストマン」である。あぁ、ややこしい。(宮崎正倫)

 

 ◇KITPMCとは:金沢工業大学がライブラリー・センターに設置しているレコード・ライブラリー「ポピュラー・ミュージック・コレクション」の頭文字をとった略称。全て寄贈されたレコードで構成され、245千枚を所蔵している。

キャンドルいかが

2018年12月18日

FM-N1パーソナリティー谷口悦子さんは、こんなことしてるんですね。

キャンドル制作。オイルランプ制作。

オイルランプは、北陸では谷口さんだけしか作ってないそうです( *´艸`)

すごい・・・

昨日まで展示されてましたが、行けなかった私は残念だなって思っていました。

 

 

 

 

 

 

 

が!!まだたくさんあるということなので、ここFM-N1のフィールド1に展示させていただきました♪

 

 

 

 

 

 

 

素敵です~香りもすごい(#^.^#)

すでに1個売れちゃいました。

無くなる前に、是非見に来てね!!

(なかにしみき)